お知らせ・ブログ

2020.08.05お知らせ&ブログ 歯ぎしり・咬みしめについてお話いたします*

みなさん、こんにちは!

歯科医師の住元です。

最近ストレスなど溜まっていませんか?

そんな時はいつも元気なバウムクーヘン歯科で元気のお裾分け!✨

 

 

今日は歯ぎしり、咬みしめについてお話しします。

そう聞いて、

「夜寝ているときにそんな指摘をされたことないから私は大丈夫。」

そう思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

実はそれだけではないんです!!!

 

歯ぎしりは睡眠中に行っています。自覚することは少なく、周囲の人に

注意されて初めて気づくがほとんどです。

一方、咬みしめは日中・夜間に関わらず、無意識のうちに歯をくいしばって

しまうものです。

 

これらを総称して『ブラキシズム』と言います。

 

ブラキシズムによりなにが問題かと申しますと・・・

 

◎歯がすり減る

◎歯が染みる

◎冠や詰め物がはずれる

◎歯が割れる  だけではなく・・

 

◎歯周病の相乗作用

◎あごの痛み、ずれ、変形

◎頭痛、肩こり

などなど様々な影響があります。

 

少しチェックしてみましょう!

 

レッドゾーン(3つ以上当てはまる方はほぼブラキシズムがある)

○歯ぎしりを家族に注意されたことがある

○集中、緊張しているときに無意識に噛み締めている時がある

○歯科医院で歯ぎしりしていませんか?と聞かれたことがある

○歯が割れたことがある(事故、怪我を除く)

○頬の内側の粘膜や舌の周辺に歯の跡がついている

○歯がかなりすり減っている

○肩こりがひどい

○頭痛することが多い

 

イエローゾーン(レッドゾーンのチェックで該当がひとつ以上あり、イエローゾーン

も当てはまる項目が3つ以上ある場合、ブラキシズムの可能性が高い)

○詰め物が度々はずれる

○犬歯やその前後の先端が極端にすり減っている

○朝起きた時に、口周囲にこわばりがある

○歯茎が硬く隆起しているところがある

○歯の付け根がえぐれている

○虫歯でもないのに歯が染みることがある

○顎の関節に痛みがあったり、カクカク音がなる

○エラが貼っている

○ストレスが溜まりやすい

 

いかがでしたか?

当てはまる方はぜひご相談を!

一緒に解決策、治療について相談しましょう!

 

歯科クリニックを皆様のもっと身近にがモットーの住モットーでした!