お知らせ・ブログ

2019.08.02お知らせ&ブログ ★お子様の矯正について★

こんにちは!
保育士の兼田です🍀
最近保育園や学校で歯科検診の紙をもらってご予約を頂くことが増えてきました。

その際に虫歯や歯石等に続いて多いのが「歯並びで検診にひっかかった」というお子様です。

そこで今日は子どもの矯正についてご紹介したいと思います❗
お子さま向けの矯正は、当院では以下の方法がございます✨

 

1.プレオルソ
取り外しのできるマウスピースで行う矯正です。

 

ポリウレタン製の特殊な柔らかい素材なので不快感が少ないです🍀(3~12歳頃対象)
日中は取り外せるので快適で、ストレスなくお食事もしていただけます。

 

2.拡大床
入れ歯のように取り外しのできる矯正装置を使用します。
ネジの力で顎や歯列の幅を横に広げて歯が並ぶスペースを作ります✨

 

3.リンガルアーチ
歯の裏側から金具をつけます。
歯の位置を動かしたり、その位置で固定したりします。

歯の裏側につけるので目立ちにくいのが特徴です。

 

4.ブラケット
ブラケットとは、矯正の際に歯に装着する装置の名前ですが、こちらにワイヤーを通して歯並びを矯正します。

当院でも、場合によってはブラケットを局所的に短期間使用し、歯並びを整えることがあります。

 

最近では、プレオルソを始められたお子様が数名いましたが、

嬉しそうにお口につけたまま帰っていく姿がとてもかわいかったです(*’▽’)🍀

 

永久歯へ生え変わる時期に適切な治療を始めることで、

少ない負担でお子様の一生付き合う歯並びを整えることができます!

お子さまのお口に一番あった矯正方法がどれなのか、

気になる方は是非一度ご相談にお越しください(#^^#)