ブログ

2020.07.041.虫歯・歯周病 一度虫歯治療した歯が再び虫歯?! 「二次カリエス」とは

こんにちは! 歯科助手・トリートメントコーディネーター の森です😊

皆さんは「二次カリエス」ってご存知ですか? 二次カリエスとは一度虫歯治療した歯が再び虫歯になることです。 (カリエス=虫歯)

二次カリエスは特に珍しいことではなく、 虫歯の再発と治療を繰り返す人も少なくありません💦

では、きちんと治療して詰め物・被せ物をしたのに どうして二次カリエスになってしまうのかというと・・・

詰め物・被せ物は人工物ですので、年月が経つとともに劣化して接着も弱まってきます。

それに、だんだんと歯と詰め物・被せ物の境目に段差や溝ができやすくなります。

その僅かな隙間に虫歯の原因菌が入り込み再び虫歯になってしまうのです😢

 

 

 

 

 

 

 

 

二次カリエスの怖い所は、外見は詰め物・被せ物で処置されている為、 発見が難しく、痛みを感じないケースもあるので、

患者さま自身は全く気づかずに重症化してしまうことです😱

予防法としては

✅治療した歯は、より丁寧に磨く

✅高濃度フッ素配合の歯磨き粉を使用する

✅歯科医院で定期検診を受診して、 自分では気づけないお口の中の変化をチェックしてもらう

✅劣化・変形しにくくプラーク(歯垢)が付着しにくい材料を選択する

★劣化・変形しにくくプラーク(歯垢)が付着しにくい材料って何なのかというと・・・

それは「セラミック」などの自費治療(保険適用外)で使われる材料です。

セラミックは二次カリエスの予防ということだけでなく様々なメリットがあります。

当院では、患者さまによりよい選択をしていただけるように、 分かりやすい説明やご提案をすることを大切にしております。

詳しいことはぜひ当院にてご相談下さい😌