お知らせ・ブログ

2021.04.037.審美・白い歯 新商品『ミニモアブラシ』をご紹介いたします!

こんにちは!!

歯科衛生士の中西です😊

 

4月に入り、暖かくなってきましたね😌

 

バウムクーヘン歯科クリニックに仲間入りした『新商品』の紹介をしきれてないので、

今回させていただこうと思います☺️

 

今日ご紹介するのは

《ミニモアブラシ》です!!!

 

 

綿毛のような柔らかい球状のブラシです!

頬・唇の内側や舌などお口の中の粘膜清掃に最適なブラシとなっております。

 

持ち手も長めなので、お口の奥に付いた痰も毛で絡め取ることができます✨

 

 

 

私も実際、ミニモアブラシを使用してます😊

祖母が認知症になってしまい、介護をお手伝いしていますが、最近飲み込みも危うくなって来ました。ネバネバとした痰や唾をお口の中に溜め込んでしまうことも多く、

誤嚥性肺炎や喉に詰まらせてしまうことが心配になってきました。

歯磨きをした後、ミニモアブラシでお口の中の粘膜(舌・唇の内側・頬)に残っている痰などを絡めとっています。

マッサージもしながら、ネバネバの痰や食物残渣もゴッソリ取れるので愛用させていただいてます☺️

 

 

 

〈point〉

✔痛みを与えない超やわらかブラシ

✔食物残渣や痰を絡め取る

✔柄がやわらかくしなる

✔ミニモアブラシ球体直径2cm

 

ミニモアブラシは普通のモアブラシより小さめの2cmなのでお口が小さめの方にもおすすめです!

 

全周が毛の球体ブラシなので食物残渣や痰、舌苔などの汚れを絡め取るだけでなく、マッサージ効果も期待できます✨

 

 

 

〈使い方〉

 

①頬の内側から清掃✨

 

水でブラシを濡らし、水気を切ります。歯ぐきと頬のあいだの粘膜にブラシを軽く押し当てます。

上から下、下から上へ動かし清掃します。

 

② 唇の内側を清掃✨

 

唇と歯ぐきのあいだにブラシを入れ左右に動かし清掃します。上右・上左・下右・下左と、4箇所に分けた清掃がより安全にケアを行うコツです!

 

 

③ 上あごも忘れずに!✨

 

のどにブラシを突き当てないように注意しながら、上あご奥から、手前へ向かってブラシを動かし清掃します。痰や唾液をブラシに巻きつけるように絡め取ります。

 

 

④ 最後は舌

 

のどに突き当てないように奥から手前に、舌の上を円を描くように清掃します。痰や唾液をブラシに巻きつけるように絡め取ります。

 

オーラルケアさんが

YouTubeで使い方を分かりやすく紹介してくださってるのでよかったら見てみてください!

https://youtu.be/3RrZUdulfPk

 

 

 

多くの高齢者が発症する誤嚥性肺炎ですが、その主な要因は口腔内細菌の増加です!!

モアブラシで、お口の中を清潔に保ちましょう!✨